見積もりから納品までの各詳細

見積もり

着ぐるみにしたいイラスト等をホームページの見積フォームよりお送りください。

イラストを拝見し、見積書・発注書をメールにて送付します。
2営業日以上返信がない場合、メール又はお電話にてお問い合わせください。
※見積段階でイラストやラフ画の作成は行っておりません。

*発注から納品まで30日で製作可能ですが、入図・芯材・仕上げのご確認とお返事を2営業日にいただける場合に限ります。

正式ご発注

正式にご発注いただける場合は、発注書にサインをしてメールにてご返送ください。

半金のご入金

受注後、前金として料金の50%をいただいております。
請求書をお送りしますので、ご入金をお願い致します。
ご入金の確認後、受注完了となります。

入図作成

「入図」と呼ばれる、着ぐるみの設計図を作成します。
中に人が入っている透し図(前・横・後ろ)を、メールにてお送りします。
大きな修正点があった場合は、3度までイラストを修正することが可能です。
入図確定後に、生地のサンプル(現物)を発送します。

パターン作成

弊社独自の手法で、「パターン」と呼ばれる平面の型紙を作成します。
代表 伊藤修子の熟練した技術によって、クオリティの高い「パターン」が日々生み出されています。

芯材組立

パターンを元に着ぐるみの原型になる「芯材(立体)」を組み立てていきます。
素材は硬質ウレタン(発砲ポリエチレンフォーム)を使用しています。

弊社独自の技術により、お客様のご要望に合わせた様々な形状を作ることが可能です。

芯材確認

芯材完成後、画像(前・横・後ろ)をメールにて送付致します。 この段階で大まかなバランスを確認していただきます。
修正がある場合は、画像に直接修正ラインを入れていただく等、変更したい内容をお知らせください。修正後、再度画像をお送りします。

※注意事項
芯材確認の時点で、全体のバランス、目や空気穴の位置は確定します。
穴あけ以降の工程に入ると修正出来ない場合がございますので、しっかり確認をお願い致します。

穴あけ・補強

芯材に視界や換気の為の穴をあけ、強度を保つための補強を行います。

縫製・仕上げ

縫製職人の手作業によって、丁寧に生地を縫い合わせ、芯材に生地をかぶせていきます。
ヘルメットの装着や靴の製作などの細かい製作も同時に行い、最終仕上げに入ります。

完成確認

完成画像(前・横・後ろ)をメールにて送付致します。
穴あけをしていないパーツの位置調整などであれば、修正もお受けいたします。
※完成の際も、ご見学頂くことは可能です。

製作例のご協力:「ぽすくま」©日本郵便株式会社

最終仕上げ

完成品についてご了承頂いた後、最後にしっかり縫い付けを行い、着ぐるみを出荷する準備に入ります。

梱包

完成した着ぐるみを弊社専用の収納袋に入れます。
着ぐるみ着用方法やメンテナンス方法等説明書を同封しております。

発送

段ボール箱に入れ発送致します。

※配送料については、納品先、梱包サイズによって異なります。
※配送後に料金確定となる場合もありますので、予めご了承下さい。

納品

残金の入金

納品後、残りの50%の金額の請求書をお送らせていただきます。
請求書到着後1週間以内にお振込ください。

PAGE TOP