ホーム>着ぐるみ素材紹介

着ぐるみ素材紹介

着ぐるみを型作る素材とは?

芯材.jpg

  弊社では、着ぐるみの芯材に硬質ウレタン(発砲ポリエチレンフォーム)を
  使用しています。硬質ウレタンで製作する着ぐるみは軽く、弾力性もあり、
  丈夫だと、大変ご好評いただいております。
 
  近年、着ぐるみ業界では硬質ウレタン成形のブームがやってきました。
  発泡スチロールで原型を作り、その上に硬質ウレタンを熱で押し当てて
  形を成形する製法が一般的な方法のようです。
 
  弊社では原型製作は行わず、ペーパークラフトの考え方をもとにして、
  平面のパターンから立体を組み立てることにより、
  環境に配慮した製作方法を考えました。
 
原型製作の手間が無い分、「人件費の削減」「材料費の削減」に成功し、
お客様に満足いただけるクオリティ、しかも低価格でご提供することができるようになりました。

芯材について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 硬質ウレタン  別名:発砲ポリエチレンフォーム、サンペルカ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【硬質ウレタンのメリット】
・軽い !
硬質ウレタンの着ぐるみは発砲スチロールの着ぐるみより断然軽いです。
デザインの違いにより異なりますが、重さは発砲スチロール製の三分の二程度まで抑えられます。
 
・薄い!
発砲スチロールの厚さ5cmに比べ硬質ウレタン板は1.2cmと薄い為、頭部、ボディの内径が広くなります。
したがって、中に入る人の圧迫感が少なく、内径が広い分熱さは半減します。
 
・強い!
硬質ウレタンは柔軟性がある為凹んでも中から押せば元に戻ります。発砲スチロールは一度凹んでしまったら、元には戻りません。
 
・熱にも強い !
硬質ウレタンは高温では溶けません。

小道具について

バラ芯材.jpg
ローラちゃん.jpg
 キャラクターによっては、お花や葉っぱなどの小物が
 沢山ついている場合もあり、こだわりも様々ですよね?
 弊社では、細部までこだわった小物作りを行なっており、
 より見応えのある着ぐるみ製作を目指しております。
 
 手や靴の形状は、様々な種類の定番型がございます。
 特別なこだわりがある場合、定番の形以外でも製作致します。

 アトリエパレット★オリジナル靴

 

オプション品について

換気ファン2.jpg

 着ぐるみの内部は大変暑く、どんな着ぐるみであっても、長時間入っていることは不可能です。
 
 弊社では、着ぐるみの頭に空気穴を開け、
 着ぐるみの内部に空気が留まらないように製作しております。
 しかし、穴だけでは空気の循環に限界がございますので、
 オプションとして「換気ファン(クールベスト付き)」を付けることも可能です。
 
 
 
 
PAGETOP